椅子やテーブルがある生活よりも、畳にペタンと座るスタイルが好きなので、ベッドではなく布団で寝ています。
インテリアも和洋折衷のとりとめのないものになっていますが、
最近、ベッドを置いて寝室のインテリアを北欧風に一新したいと考えるようになりました。
それというのも、マリメッコやムーミンなど北欧のアートやデザインに魅かれるようになったからです。
北欧のデザインはシンプルでナチュラルでありながら、モダンな雰囲気があります。
ソファーやテーブルとなると、北欧の国々の広さを反映しているせいか、大きくてどっしりとしているので、狭い我が家のリビングに置くのはムリですが、ベッドなら何とかなりそうです。
おすすめショップはこちら⇒北欧ベッドを探すならお勧めの人気ショップで

理想の北欧ベッドは、ダークブラウンのフレームを使ったヴィンテージ調のものです。
マリメッコの生地のベッドカバーが似合いそう。
マリメッコに代表される北欧の生地は、派手すぎない明るさがあり、木を活かしたナチュラルな北欧ベッドに、モダンなエッセンスを加えてくれます。
日本で売られている北欧ベッドは、北欧のデザインを取り入れながら、コンセントや収納が付いていたりするので使い勝手もよく、大きさも手ごろになっています。
とはいえ、せっかく北欧ベッドを選ぶなら少し大きめサイズがいいな、と思います。

関連記事


    実は密かに憧れている存在に畳ベッドがあります。 元々子供の頃は和室ばかりの家で育ったため、畳というものに愛着があります。 しかし今ではフローリングが基本の家になり、畳の空間が少ないのです。 い草ラグな…