仮想通貨の種類にはビットコインをはじめさまざまな種類があります。近年、ビットコイン以外にも様々な仮想通貨が出てきました。ビットコインは市場では物の取引につかわれますが、投資としてもかなり取引されている仮想通貨です。
しかし、一般的にビットコインや仮想通貨がどのような仕組みになっているか理解していない人のほうが多いでしょう。日本のお金の円や外国のドルでしたらすぐにお金=キャッシュとわかりますが、ビットコインや仮想通貨は何それ?という感じの人が多いでしょうね。それに投資対象でも特徴や仕組みがなかなかつかめないので、どのような投資手法があるかも分からない人がほとんどではないでしょうか?ここではそんな仮想通貨について分かりやすく解説していきます。

 

仮想通貨って?

仮想通貨をわかりやすく説明すると、インターネット上に存在する電子的なお金です。仮想通貨やデジタル通貨とも呼ばれているます。インターネット上で買い物もできますし、仮想通貨を使う機器があればお金を使う感覚で仮想通貨を使用することが出来ます。電子マネーと少し似ていますが、細かいところが異なります。
まず、電子マネーは発行元が存在しており、仮想通貨は発行元が存在しません。電子マネーは換金できませんが、仮想通貨は換金できますので、仮想通貨は市場でも流通量が多いです。

 

仮想通貨は投資としても利用できる

前述で軽く触れましたが、仮想通貨は投資としても利用されています。主に仮想通貨の価格が低いときに買い、高くなれば売り抜けるといった仮想通貨トレードが盛んです。仮想通貨が稼げるか稼げないかは、仮想通貨が多くの人に使われていくと市場価値が高まり、相場がどんどん高くなっていきます。そういった点で、仮想通貨が出たばかりの頃に仮想通貨を買った人の資産は何十万倍も上がっています。

 

仮想通貨にちょっとでも興味が出てきたらここも見てください。

仮想通貨

 

ノーリスクとはいかない仮想通貨

これだけ魅力的な仮想通貨ですが、もちろん問題点も存在します。
まず、資産が確実に増えるとは言い切れないという事。これは前述の市場価値に左右される部分があるためです。仮想通貨ががどれだけ多くの人に使用されるかで市場の上げ下げが変わるため、利用者数が減れば1コインあたりの価値も下がってしまいます。そうなると株の暴落同様、手持ちの資産に損失が出てしまいます。逆に、これからもどんどん使用され普及されれば市場価値もどんどん上昇。1コイン辺りの相場も上がっていくので、動向が見逃せないという点ではデメリットとは言い切れないかもしれません。

 

仮想通貨は何処で買えるの?

仮想通貨を購入するには主にcoincheckというサイトで購入できます。登録も簡単で、メールアドレスがあれば簡単に登録できます。現在までに仮想通貨の取引所は大手で10社以上あります。仮想通貨が誕生したのが2009年ですので、かなり多くの人から支持されたという事がうかがえます。仮想通貨の特徴は発行元が存在せず特定の国や銀行に依存しないと発行量の上限がきまっていることです。国や金融機関や企業から独立しているというのはすごいことですね。種類だけで言えば700種類以上の仮想通貨があるんです。

関連記事


    仮想通貨の利用者の中には、インフレといった利用していくうえで発生しかねないリスクについて訴えている事があります。実際にそれがおこってしまうと、大変なのは確かです。そんなわけでここ最近は仮想通貨への注…


    仮想通貨は、主に投資目的で活用されます。いわゆる値動きがある通貨になりますが、上手く運用すれば大きな利益が発生する可能性があるのです。そして仮想通貨には、複数のメリットがあります。 投資によっては時…