仮想通貨の利用者の中には、インフレといった利用していくうえで発生しかねないリスクについて訴えている事があります。実際にそれがおこってしまうと、大変なのは確かです。そんなわけでここ最近は仮想通貨への注目が日に日に高まっています。

 

円の価値が下がる場合がある

まずインフレについて。インフレというのは何かというと、円やドルの貨幣価値が大きく下落してしまうことを指します。もちろん、日本には多くの円が流通しているので現状の限りでは問題視されてはいません。

しかし、仮にその日本円の価値が、大きく下がってしまった場合、どうなるか解説しましょう。

まず、1000円札があるとします。もちろん1000円札1枚は、1000円分の価値があるのはご存知の通りです。この価値に何らかの事件がおこると、札の価値が大幅に下落してしまい、1000円どころか、1000円が100円や10円になってしまう場合があるのです。これを世間ではインフレと言います。

 

現金で買い物が出来なくなる

次のインフレ問題です。見出しの通りですが、買い物やショッピングに対して悪影響が起こるという事です。貨幣の価値が下がってしまのですから、もちろん商品の購入に支障が生じてしまうのです。

ここでも例えを出しましょう。500円分のお弁当を買うとします。ここでインフレが発生すると、そのお弁当の値段が驚くほど上がってしまうのです。どれぐらいかというとお弁当が500円どころか、10000円などに急上昇してしまうぐらい驚異的です。もちろんそうなれば日常生活に支障が出るでしょう。しかし、過去の事件を掘り返してみるとそういったことは実際に起こった事があります。

 

インフレに影響され難い仮想通貨

インフレ問題を避けるものの一つとして注目を集めているのが仮想通貨です。仮想通貨はこれまでの貨幣とは異次元の存在といえます。仮に日本で明日のお弁当が10000円になったとしても、仮想通貨が影響を受けることはほとんどないバイがあるのです。それは仮想通貨が世界共通のグローバル通貨という長所を持っているからです。世界のいたるところで利用されている通貨である以上、日本で明日に影響を及ぼす絶望的な事件が発生したとしても、仮想通貨自体が大きく変動することはありません。むしろ、価値はほとんど変わらないがあたりまえでしょう。

このように仮想通貨は、円とは全く異なる存在という点でインフレなどの悪影響をほとんど受け難いという訳です。

 

仮想通貨を保有すると資産が守れる

前述した通り仮想通貨はインフレ対策に非常に有効で、資産を守りたいという点で仮想通貨を保有したいという方もいると思います。インフレが無いという現状でも、将来的に資産の一部を仮想通貨をにしておくと安心できるでしょう。ちなみに小話を挟むと、インフレによって日本円が100分の1の価値まで下落したとします。この場合、1000万円は10万円分にまで下落してしまう訳です。恐ろしいですね。しかし、仮想通貨は、こういう場合でも全く影響を受けません。それどころか、日本円に対して仮想通貨の価値が上昇しているわけですから、結果的に大きな利益が生じる場合があるのです。

 

こちらから仮想通貨が欲しくなったらこちらをチェック! ⇒ 仮想通貨

関連記事


    仮想通貨の種類にはビットコインをはじめさまざまな種類があります。近年、ビットコイン以外にも様々な仮想通貨が出てきました。ビットコインは市場では物の取引につかわれますが、投資としてもかなり取引されてい…


    仮想通貨は、主に投資目的で活用されます。いわゆる値動きがある通貨になりますが、上手く運用すれば大きな利益が発生する可能性があるのです。そして仮想通貨には、複数のメリットがあります。 投資によっては時…


    一番のお勧めはなんといっても、同時進行でチャートを確認することができるものだといえます。今ではFXのチャートには、いくらでもあるので、その中からあなた自身が参考になると思うチャートがそれなのか、あなた…